抗がん薬調製マニュアル 第4版

立ち読み

抗悪性腫瘍薬の院内取扱い指針

抗がん薬調製マニュアル 第4版

商品コード 52183
編著 日本病院薬剤師会/監
遠藤 一司、濱 敏弘、加藤 裕久、中山 季昭、米村 雅人/編著
判型 B5判
発行日 2019年8月
ページ 480頁
定価 ¥5,200 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●5年ぶりの改訂
日本病院薬剤師会による抗がん薬調製の曝露対策ガイドライン

●マニュアルは写真で解説
より安全に適切に!曝露しない・させない調製手技

●医薬品集としても使える
注射薬の用法、溶解後安定性等紹介!最新の文献より取扱い危険度を掲載
 
本書は、抗がん薬の調製ガイドライン(指針と注解)とそれに準じた曝露対策を行うための具体的な手順や各種情報を盛りこんだ実践的なマニュアルからなる1冊です。
注射用抗がん薬の調製、ガウンや手袋の着脱法、抗がん薬の汚染時の対処方法など写真でわかりやすく紹介。各注射用抗がん薬も商品名ごとに製剤写真を添えて医薬品情報を掲載しているので抗がん薬の医薬品集としても活用できます。
付録では、注射・内服を含むほぼすべての抗がん薬の取扱い危険度を文献とともに掲載し、調製時に必要となる医療材料や設備等も写真を添えて紹介しており、調製に関わる全ての情報を本書で確認することができます。
本書の推奨手順・設備等と自施設の環境・設備、調製手順書等を照らし合わせ、よりよい調製環境の整備にお役立てください。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • がん緩和ケアのフィジカルアセスメント
  • がん種別薬学的ケアのポイント
  • 緩和医療実践問題集
  • がん薬物療法マネジメントブック
  • がん入院・外来化学療法ポートフォリオ
  • がん化学療法クリティカルポイント対応マニュアル
  • がん薬物療法トレーニングブック
  • 逸脱症例から学ぶ がん薬物療法
  • 全人的がん医療 がんプロフェッショナルを目指して
  • がん地域連携クリティカルパス
  • がん患者ケアQ&A
  • がん化学療法ポートフォリオ

▲ページの先頭へ