腎臓病薬物療法コンサルテーション

立ち読み

月刊薬事 2021年7月増刊号(Vol.63 No.10)

腎臓病薬物療法コンサルテーション

CKD・薬剤性腎障害・特殊な患者背景への実践的アプローチ!

商品コード 91308
編著 杉本 俊郎/編
判型 B5判
発行日 2021年7月
ページ 312頁
定価 ¥3,960(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●よくある症例に学ぶ、腎機能を考慮した薬物療法の考え方
 
腎臓に応じた薬剤の投与設計、薬剤性腎障害の予防・早期発見など、近年、多様かつ高度化する薬物療法において薬剤を有効・安全に使用するために薬剤師に期待される役割は高まっています。本増刊号では、腎臓専門医がよく遭遇する薬物療法に関するコンサルテーション事例から、腎機能を考慮した薬物療法の最新の考え方を解説します。

▲ページの先頭へ

目次

第1章 腎臓病薬物療法の基礎知識
1.腎障害の診断の基本
伊藤孝史
2.腎機能評価の基礎知識
神田英一郎
 
第2章 腎機能低下時の薬物動態と投与設計
1.腎疾患における臨床薬物動態〜基本原則
田中章郎、志水英明
2.急性腎障害(AKI)   
安田日出夫、江間智映実
3.慢性腎臓病(CKD) 
岩崎 藍、竹内裕紀、菅野義彦
4.血液透析
信貴勇佑、大矢昌樹、重松 隆
5.腹膜透析
金﨑雅美
 
第3章 症例に学ぶ! 薬剤性腎障害の判断と対応
1.薬剤性腎障害の発症機構
杉本俊郎
2.急性腎障害(AKI)   
猪谷哲司、寺田典生
3.蛋白尿・ネフローゼ症候
丸山彰一、安田宜成
4.尿細管・間質障害
忰田亮平、後藤 眞
5.ナトリウム濃度異常
長澤 将
6.カリウム濃度異常
鈴木聡一郎、蘇原映誠
7.カルシウム濃度異常
小野水面、濱野高行
8.リン濃度異常
小野水面、濱野高行
9.マグネシウム濃度異常
坂口悠介
10.酸塩基平衡異常
山口 真
11.高尿酸血症・腫瘍崩壊症候群
中島大輔、菅野直希、横尾 隆
12.血圧・体液量異常
和田健彦
 
第4章 症例に学ぶ! CKD患者への薬剤の使い方
1.抗リウマチ薬
野畑宏信、伊藤恭彦
2.向精神薬
竹田徹朗
3.輸 液
髙山 卓、小波津香織
4.生物学的製剤・分子標的薬
渡辺裕輔
5.NSAIDs
三瀬直文
6.麻 薬
赤井靖宏
7.抗菌薬・抗真菌薬
平和伸仁
8.抗ウイルス薬
谷澤雅彦
9.降圧薬
座間味 亮、古波蔵健太郎
10.ループ利尿薬
杉本俊郎
11.サイアザイド系利尿薬・抗アルドステロン薬・vaptan系水利尿薬
田中伸枝、土谷 健
12.抗凝固薬
島本侑樹、糟野健司、岩野正之
13.造影剤
藤垣嘉秀
14.漢方薬
山崎 修、柴田 茂
15.PPI
龍華章裕
16.下 剤
龍華章裕
17.免疫抑制薬
林 綾香、長浜正彦
18.抗がん薬(古典的化学療法)  
安田宜成
 
第5章 症例に学ぶ! 腎機能評価と薬剤投与時の注意点
1.高齢者
猪阪善隆
2.小 児
大田敏之、笠原庸子
3.妊 婦
金﨑啓造
4.うっ血性心不全
大西正人
5.糖尿病
平井太郎、北田宗弘、古家大祐
6.腎移植患者
赤沼嵩史、今井直彦
7.周術期・集中治療(criticalcarenephrologyの観点から)           
大木里花子、土井研人
8.担がん・悪性腫瘍例(onco-nephrologyの観点から)      
松原 雄
9.終末期(palliativenephrologyの観点から)       
守山敏樹
 
 
 
 
注目の増刊号・臨時増刊号をまとめてチェックできる 
月刊薬事|調剤と情報 Portal Site

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • わかりやすいCKD・透析テキスト
  • 腎と薬のファーストレッスン
  • デキる薬局の腎機能チェック
  • 腎機能別薬剤投与量POCKETBOOK 第3版
  • 腎不全と薬の使い方Q&A 第2版
  • 腎臓病薬物療法トレーニングブック 第2版
  • The Renal Drug Handbook 第4版
  • 腎×漢方薬POCKETBOOK
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ⑥腎機能編
  • 腎臓病ガイドライン総まとめ
  • 透析患者への投薬ガイドブック 改訂3版

▲ページの先頭へ