調剤と情報 2024年6月号(Vol.30 No.8)

立ち読み

調剤と情報 2024年6月号(Vol.30 No.8)

【特集】 大変革時代の到来 薬局・薬剤師の新しい価値を創る

商品コード 94393
編著 日本薬剤師会/監修 じほう/編
判型 A4変型判
発行日 2024年6月
ページ 116頁
定価 ¥1,870(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

特集 大変革時代の到来 薬局・薬剤師の新しい価値を創る

 

コロナ禍、人工知能(AI)、医療DX、超高齢社会、人口減少など、社会情勢や薬局を取り巻く環境は劇的に変化しています。それに伴い、薬局や薬剤師に対するニーズもどんどん変化しているのが現状です。このニーズの変化に応えられる薬局や薬剤師が生き残り、新たなに求められる薬剤師になっていくのではないでしょうか。

 

本特集では、薬局・薬剤師のニーズの変化の歴史を振り返りながら、大変革時代のこれからの薬局・薬剤師に求められる能力や貢献は何かを考え、それを実現するために具体的にどのような活動や業務を創ればよいのか、そこに薬局があり薬剤師がいることの新しい薬局・薬剤師の価値をどうすれば創ることができるのか、先進的事例を通して考えていきます。

 

▲ページの先頭へ

目次

特集 大変革時代の到来 薬局・薬剤師の新しい価値を創る

 

企画:鈴木 匡(名古屋市立大学 薬学部)

 

社会のニーズの変化と薬局・薬剤師:多様で激変するニーズへの対応

鈴木 匡

 

●薬局の価値を創る3つの視点①:地域医療・介護福祉への貢献

②予防・未病領域が新たな価値を創る「かかる前薬局・薬剤師」

長塚 健太

③僻地の薬局の役割から考えるこれからの薬局の価値

松岡 政臣

 

④地域の健康寿命を延ばす健康体操教室——薬局の横の健康サポートセンター

浅井 治行

 

 

●薬局の価値を創る3つの視点②:薬局施設を利用した地域コミュティ創りへの貢献

⑤地域の社会課題の解決の一例——病児保育室×薬局

徳吉 雄三

⑥ふらっと立ち寄れる場所に——コミュニティカウンターから広がる健康HOTステーション

田辺 正道

 

 

 

●薬局の価値を創る3つの視点③:新しい時代に則した薬局機能を高める業務開拓

⑦ドラッグストアを身近に感じてもらうPTPシートのリサイクル

神保 美紗子

 

⑧心不全パンデミックで発揮される薬剤師の価値と可能性

寺島 純一

 

⑨患者ファーストを考えるときに何をする?!

磯部 紀子

 

 

 

[コラム]

薬剤師がオーバードーズ問題のゲートキーパーに

永島 一輝

 

今月の話題/日本薬剤師会

 

処方・調剤・保険請求のQ&A/日本薬剤師会

 

連載

3stepで違いがわかる 同種・同効薬ととのえ帳

ヤーズ®配合錠 vs ヤーズフレックス®配合錠――どちらの服用方法が適している?

佐々木 裕香 村阪 敏規

 

●症状別! 迷子にならない OTCセルフケアマップ

眼の渇き・痒みに対する市販薬の選び方

北山 雅大

 

●薬剤師が“がん”になって経験した3つのストーリー<完>

想像していたよりも遥かに厳しい化学療法

野村 洋介 たけのこ

 

●気持ちに寄り添う メンタル不調との向き合いかた

精神科医療機関を受診する方法

浜内 彩乃

 

●ほうりつのおとしあな 法律違反事例から学ぶ おじさん薬剤師の憂鬱

他の患者のお薬手帳を間違えて渡してしまいました

赤羽根 秀宜 たけのこ

 

●新薬くろ~ずあっぷ

ウゴービ®皮下注0.25mg0.5mg1.0mg1.7mg2.4mg SD

田中 早織 幸田 祐佳 加藤 隆児

 

●あつまれ薬局1年生 本当は僕が新人のときに知りたかった薬局スキル

似ている薬を取り違えました……~調剤過誤を防ぐには?~

鈴木 邦彦

 

●まぜるな危険? 知って得するシロップ・ドライシロップの配合変化

トラネキサム酸 シロップ

細谷 順

 

News & Topics

 

日本薬剤師研修センターだより

 

▲ページの先頭へ

次号案内

●特集 粉砕可否にどう影響? 製剤上の工夫と粉砕を考える

 

■粉砕(脱カプセル)の有用性とリスク

・高齢者

・小児

■粉砕することにより生じる相互作用

・徐放性製剤の仕組み別 粉砕の影響を考える

・製剤上の工夫を知る

 

調剤業務において、錠剤の粉砕や脱カプセルを判断しなければならない場面に日々遭遇します。また、薬剤師の知らないところで、看護師や介護職などの製剤の専門知識を学んでいない職種の人達が、徐放錠なども関係なく潰してしまい健康被害が生じているケースもあります。

本特集では、製剤に施された工夫と粉砕が与える影響について解説し、粉砕可否について考えます。また、薬剤師以外の職種に説明する際のバックグラウンドとなるような情報を解説します。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 薬剤師の災害時の課題解決!BOOK
  • 調剤と情報 2024年7月号(Vol.30 No.9)
  • 調剤と情報 2024年5月号(Vol.30 No.6)
  • 調剤と情報 2024年4月号(Vol.30 No.5)
  • 調剤と情報 2024年3月号(Vol.30 No.4)
  • 調剤と情報 2024年2月号(Vol.30 No.2)
  • 調剤と情報 2024年1月号(Vol.30 No.1)
  • 調剤と情報 2023年12月号(Vol.29 No.16)
  • 調剤と情報 2023年11月号(Vol.29 No.15)
  • 調剤と情報 2023年10月号(Vol.29 No.13)
  • 調剤と情報 2023年9月号(Vol.29 No.12)
  • 調剤と情報 2023年8月号(Vol.29 No.11)

▲ページの先頭へ