ウィメンズヘルスケアのための薬の使い方

立ち読み

月刊薬事 2024年1月臨時増刊号(Vol.66 No.2)

ウィメンズヘルスケアのための薬の使い方

女性診療の疾患と薬がよくわかる

商品コード 91318
編著 柴田 綾子/編
判型 B5判
発行日 2024年1月
ページ 316頁
定価 ¥4,400(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●女性診療の知りたかった知識が満載!
 
女性診療では、女性特有の生理やホルモンの変化と症状に合わせたホルモン剤の使い方や、妊娠中や授乳中の薬の影響など特別な知識が必要なため、「むずかしそう」というイメージが強いのではないでしょうか。
 
本臨時増刊号では、近年注目が高まっているウィメンズヘルスケアの視点から、外来治療を行う婦人科疾患から救急・入院治療が必要な疾患、さらに妊娠・授乳中の薬物療法、不妊治療の薬における注意点について、薬物治療とセルフケアを中心に解説します。

▲ページの先頭へ

目次

第1章 女性患者の問診のポイント
①ライフステージごとの 女性ホルモンの変化と疾患
②月経や性に関する問診
 
第2章 ウィメンズヘルスケア
①月経困難症・月経前症候群のケアと薬
②避妊・低用量ピル
③緊急避妊薬
④経口中絶薬
⑤性感染症の治療薬
⑥不妊治療で使用する薬
⑦更年期障害
⑧骨粗鬆症
⑨尿失禁・尿意切迫感
⑩デリケートゾーンのトラブル
⑪女性の皮膚トラブル
⑫AYA 世代のがん治療と妊孕性
⑬HPVワクチン
⑭乳がんの治療薬
⑮女性のための漢方治療
⑯OTC医薬品の活用と注意点
⑰女性の健康と食品
⑱妊活中の薬剤やサプリメントの利用
 
第3章 妊婦と薬
①妊娠中の薬とカウンセリング
②妊婦のマイナートラブルと薬
③妊娠中の便秘・痔疾患
④妊娠悪阻と合併症
⑤切迫流産・切迫早産
⑥妊娠合併症
⑦妊娠後骨粗鬆症
⑧妊娠中の感染症治療
⑨産科危機的出血・産科DIC
⑩麻酔薬の胎児・新生児への影響
⑪妊娠中のサプリメントと食事
 
第4章 産後・授乳婦と薬
①授乳中の薬とカウンセリング
②授乳中のマイナートラブルと薬
③乳腺炎、産褥感染症、子宮復古不全
④妊産婦のメンタルヘルスケア
 
第5章 女性の健康と性差医療
①性別と薬の効果・副作用の違い
②検査値・薬物動態での性差
③性差医学・医療とジェンダード・イノベーション

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 小児感染対策マニュアル 第2版
  • 乳幼児・小児服薬介助ハンドブック 第2版
  • 小児薬物療法テキストブック
  • 小児の向精神薬治療ガイド
  • 子どもの処方箋が来たときの薬局業務が120%わかる本
  • 小児疾患の薬物治療 ガイドライン総まとめ
  • 合併症妊娠の薬物治療
  • 妊娠と薬物治療ガイドブック
  • 授乳婦と薬 第2版
  • 産婦人科ファーストタッチ
  • 小児のギモンとエビデンス
  • 子どもの診かた、気づきかた

▲ページの先頭へ