ICH30年の総括と今後

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2021年3月臨時増刊号(Vol.37 No.4)

ICH30年の総括と今後

商品コード 91244
編著
判型 A4変型判
発行日 2021年3月
ページ 88頁
定価 ¥4,840(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●ICH30年の歴史についてこれまでの取り組みや現在の課題、今後の展望について解説します
 
ICHは、医薬品承認審査基準の合理化や標準化等を目的として1990年に設立され、2020年で設立30周年を迎えました。これまでに60以上の技術調和ガイドラインが作成され、世界中の患者への医薬品の迅速供給に貢献してきたといえます。また、2015年には組織・運営の全面的な見直し(ICH改革)がおこなわれ、参加団体も増加し、事務局整備などによってグローバル組織へと発展しています。
本臨時増刊号では、2020年11月に開催されたDIA日本年会セッション等の内容をもとに、ICH30年の歴史の中で中心的役割を果たしてきた規制当局・産業界の代表者がこれまでの取り組みや現在の課題、今後の展望について解説します。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • 必携 経営層のためのGMP手帖
  • Q&Aで学ぶデータインテグリティ 第2版
  • グローバル化に対応したGMP教育訓練
  • 改正GMP省令・医薬品医療機器等法 ポイントと課題
  • 図解で学ぶGMP 第6版
  • 信頼確保 ~体制整備と文化醸成~
  • ICH・GXP医薬用語手帳2021
  • 医薬品製造・品質保証のニューノーマル
  • バイオ医薬品の品質管理戦略 第2版
  • バイオ医薬品ハンドブック 第4版
  • 『再生医療等製品の無菌製造法に関する指針』のポイントと解説

▲ページの先頭へ