症例から考える代表的な8疾患 第2版 -解答・解説付-

立ち読み

症例から考える代表的な8疾患 第2版 -解答・解説付-

商品コード 52244
編著 京都府薬剤師会/編
判型 B5判
発行日 2019年9月
ページ 472頁
定価 ¥4,200 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 序文
  • 関連商品

内容

●代表的な8疾患を症例から見る、読む、考える、教える
●症例や設問内容を大幅にアップデート!
 
平成25年度に改訂された薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習では、公平で幅広く参加・体験できる実習を目的として、全ての実習生がどの施設でも標準的な疾患について広く学べるよう代表的な8疾患が提示されました。
本書は、その代表的な8疾患の設問を考えることで、実践的な臨床対応能力を身に付けることができるようになっています。各章では当該疾患にかかわる基礎問題と処方箋ベースの症例問題(CASE)で構成されています。実務実習受入施設における教材、大学での臨床準備教育でご活用いただけます。


※本書は「問題(冊子)」と「解答・解説(冊子)」がセットになった指導者向け商品です。
学生向けには問題(冊子)のみの 「症例から考える代表的な8疾患 第2版」 [定価(本体3,200円+税) ISBN:978-4-8407-5223-7] をご利用ください。

▲ページの先頭へ

目次

CHAPTER 1 がん
CHAPTER 2 高血圧症
CHAPTER 3 糖尿病
CHAPTER 4 心疾患
CHAPTER 5 脳血管障害
CHAPTER 6 精神神経疾患
CHAPTER 7 免疫・アレルギー疾患
CHAPTER 8 感染症
付録1 地域医療(在宅、中毒、スポーツファーマシスト、学校薬剤師)
付録2 国試で解く8疾患

▲ページの先頭へ

序文

 改訂モデル・コアカリキュラムに従った薬学教育実務実習が平成31年2月からスタートしました。京都府薬剤師会は平成22年4 月に京都府病院薬剤師会と組織統合を行い,実務実習においても薬局と病院が協力して事業を運営しています。改訂モデル・コアカリキュラムに従った実習を円滑に実施するため,現在京都府では薬局と病院を組み合わせたグループ実習を実施しています。これに先立ち各グループ間では頻繁に協議会を開催しました。その結果,薬局実習の発表会を病院の会議室で行い,大学教員ならびに薬局指導薬剤師から病院指導薬剤師への引継ぎを実施するグループが数多くみられるようになりました。 京都府薬剤師会は平成29年5月に「症例から考える代表的8 疾患」を発行し,多くの施設から好評をいただいています。今回,発行から2 年半が経過したのを機会に,新規医薬品を加えるなど更なる充実を図るため,本書も改訂を行うに至りました。

 本書を有効に活用していただき,薬局と病院,そして大学が一層密接な連携を取ることで,充実した参加型実習を実施していただけることを期待しています。
 最後になりましたが,本書の編集・出版にご尽力いただきました株式会社じほうに厚くお礼申し上げます。
 2019年8月
一般社団法人 京都府薬剤師会
会長 河上 英治
 
 
 京都府薬剤師会は平成22年4月に京都府病院薬剤師会と組織統合を行ったのを機会に,実務実習の分野においても,医療施設間における実習内容を平均化する目的で「実務実習指導例集」を発行してきた。本書は医薬品や病態の基礎知識のみならず,対物から対人業務への転換を目指した設問を導入することで,学生の到達度を測定できる一指標となるようにした。
 さらに,平成29年5月に改訂コアカリに対応させた「症例から考える代表的な8疾患」を発行したが,好評のうちに約2年半が経過した。この間,がん領域を中心に新規医薬品が数多く登場し,また治療ガイドラインが改訂されたものもある。そこで本書も医療現場の実情を反映させるため改訂することとした。
 主な改訂点は,薬学的基礎知識を確認する「基礎問題」の充実,汎用されている新規医薬品の症例の追加,実務実習で学んだ知識を身近に感じるため,直近5年間の薬剤師国家試験問題から8疾患に関するものを付録に掲載したことである。
 実務実習は,1)患者との医療コミュニケーションを通し,医療現場の臨場感と緊迫感を体験することで,薬の適正使用に貢献する。2)大学の教育だけでは補えない,生命倫理に基づく医療人としての自覚と責任感を養成する。3)これまで培ってきた知識が医療現場でどのように活かされているかを確認し,将来への展望と基礎知識の重要性を認識する場であると考える。
 本書の解答(解答・解説編(別冊))は1 例であり,指導薬剤師とのディスカッションを通じて,患者の状態にあわせた答えを導き出していただきたい。また学生の理解度にあわせて,受入施設独自の設問を加える等の工夫をすることで,実習にバリエーションを拡げていただければ幸いである。
 最後に本書の編集・出版にご尽力いただきました株式会社じほう出版局・大磯洋彦氏,営業局・川畑寿弘氏に深謝いたします。
 2019年8月
一般社団法人 京都府薬剤師会
編集代表 髙山 明

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 薬学生のための病院・薬局実務実習テキスト 2019年版
  • わかりやすい新実務実習テキスト2019-2020
  • 業務の流れにあわせた薬局実務実習ハンドブック
  • 実践 処方例とその解説 第2版
  • 薬学生のための 病院実務実習ワークブック 第2版
  • ワークシートで教える 薬局実務実習指導ガイド 第2版
  • 薬学実務実習指導者必携
  • 薬学生のための 病院実務実習 実践問題集
  • 薬学生・指導者のための 一般病院実務実習・実践テキスト
  • 模擬患者(SP)研修の方法と実践
  • 薬学生のための 実務実習事前学習テキスト 実技編
  • 注射薬調剤 基本と実践

▲ページの先頭へ