固体医薬品の物性評価 第2版

立ち読み

固体医薬品の物性評価 第2版

商品コード 51070
編著 日本薬剤学会 物性FG/監
米持 悦生/編
判型 B5判
発行日 2018年8月
ページ 424頁
定価(税込) ¥10,800
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●カラーの図表で分析結果がわかりやすい

●製剤の解析事例を追加

●コラムで具体的な解析手法、基本的な用語を解説

 

原薬・製剤の物性評価法を初めて体系的にまとめた前版の発刊から医薬品を取り巻く状況は大きく変化しました。開発時間短縮のためにシンプルな処方設計が主流となり、原薬・添加剤などの原材料物性が製剤特性に反映されやすく、製剤化を視野にいれた原薬物性制御が必須となっています。

また、QbDに基づいた製剤設計においても、原材料物性はCQA達成のためのCMAに関係し、開発段階での品質の作り込みにおいてもその重要性が高まっています。

 

本書では、固体医薬品の基礎理論、物性測定法の理論と実際、開発医薬品・製剤の物性評価に関する解析例、およびレギュレーションについてわかりやすくまとめました。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 日本生薬関係規格集2014
  • 第十七改正 日本薬局方 医薬品情報 JPDI2016
  • 第十七改正 日本薬局方 医薬品情報JPDI2016 セット版
  • 製剤化のサイエンス 基礎とCMC
  • すぐに役立つ粒子設計・加工技術
  • 第十七改正 日本薬局方 技術情報 JPTI2016
  • 固体医薬品の溶出
  • 製剤の達人による製剤技術の伝承 製剤設計・製造技術の新たな潮流
  • 図解で学ぶDDS 第2版
  • 日本薬剤学会認定 「製剤技師」試験問題集

▲ページの先頭へ