図解で学ぶGMP 第6版

立ち読み

図解で学ぶGMP 第6版

原薬GMPガイドライン(Q7)を中心として

商品コード 53654
編著 榊原 敏之、蛭田 修/著
判型 A4変型判
発行日 2021年6月
ページ 456頁
定価 ¥9,900(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●「具体的に何を、どこまで、どのように実行すればよいか?」を図解でわかりやすく解説
 
本書は、国内で原薬を製造する際のガイドラインであるQ7について、「具体的に何を、どこまで、どのように実行すればよいか?」を図解でわかりやすく解説した書籍です。第6版では改正GMP省令(2021年4月28日公布、2021年8月施行)の内容を取り入れ、医薬品品質システム、経営者の責任、モニタリングシステム、CAPA、変更管理などの解説を改訂しました。また、ICHの最新動向についても取り上げ、第10章ではICH Q3Dの内容として元素不純物の管理、ICH M7の内容として変異原性を示す物質の管理について紹介しています。その他に、第19章で承認後の変更申請手順、変更時の検討事項を見直し、第23章で米国DMFガイダンス(ドラフト)、EU原薬MFガイドラインの新版の考えを取り入れました。さらに、第25章「データインテグリティ、デジタルデータ」を新設しデータの重要性について解説しています。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 改正GMP省令・医薬品医療機器等法 ポイントと課題
  • 信頼確保 ~体制整備と文化醸成~
  • ICH・GXP医薬用語手帳2021
  • ICH30年の総括と今後
  • 医薬品製造・品質保証のニューノーマル
  • バイオ医薬品の品質管理戦略 第2版
  • バイオ医薬品ハンドブック 第4版
  • 『再生医療等製品の無菌製造法に関する指針』のポイントと解説
  • GMP監査ハンドブック
  • FDAのGMP査察から学ぶ 第2版
  • 医薬品の不純物管理と異物混入対策
  • 事例を交えて考える Quality Cultureはどのように醸成されるのか?

▲ページの先頭へ