これが決め手! 同効薬の使いどころ

月刊薬事 2023年10月臨時増刊号(Vol.65 No.14)

これが決め手! 同効薬の使いどころ

ケーススタディで学ぶ処方提案

商品コード 91317
編著 矢野 育子/編
判型 B5判
発行日 2023年10月
ページ 272頁
定価 ¥4,290(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●押さえておきたい同効薬の使い分けを徹底解説!
●代替薬提案の決め手となるポイントをケーススタディで紹介!
 
医療用医薬品は同効薬ごとに分類・整理されることが一般的であるものの、実臨床においては、同効薬のなかでどの薬を選べばよいのかは常に悩ましい問題です。病院薬剤師は、実際の現場で患者状態に合わせて自ら処方提案をしたり、医師などから薬剤の選択を相談されたりすることが多々あります。
 
本臨時増刊号では、「臨床で頻用される治療薬」に焦点を当て、病棟やカンファレンスなどで自信をもって代替薬を提案できるよう、押さえておきたい同効薬の使い分けについて、症例を挙げ、具体的な薬剤の処方提案例を用いて解説します。
 

 

※訂正情報

2023年11月16日

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 神経診療がわかる現場の教科書
  • 薬剤師のための薬物療法問題集
  • 薬学トリビア
  • ハイリスク薬フォローアップ
  • 薬物療法の質を大きく変える剤形・投与経路Q&A
  • しくじり処方提案
  • 救急/急性期・病棟での漢方製剤の使い方
  • 同種・同効薬の使い分け
  • 周術期の薬の使い方 パーフェクトガイド
  • 慢性疾患治療薬の使い分けと患者モニタリング
  • 消化器診療がわかる現場の教科書
  • 高齢者診療Standard Collection 32

▲ページの先頭へ