月刊薬事2019年2月号(Vol.61 No.03)

立ち読み

月刊薬事2019年2月号(Vol.61 No.03)

いまはこうする! 急性期・一般病院の認知症対応

商品コード 93558
編著
判型 A4変型判
発行日 2019年2月
ページ 190頁
定価 ¥2,150 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特 集 いまはこうする! 急性期・一般病院の認知症対応
 
企画:小川朝生(国立がん研究センター東病院精神腫瘍科)
 
超高齢社会を反映し、急性期・一般病院の臨床現場でも認知症をもつ患者に対応する機会が増加しています。近年、認知症に対する理解が進むにつれ、認知症の人も病状を自分なりに捉え精神心理的な苦痛を感じていること、認知機能障害が身体疾患の治療を進めるうえでさまざまな影響を及ぼすこと、認知症の人の治療を安全に進めるうえで、認知機能障害に配慮をした身体管理、退院後を見据えた支援の重要性などが明らかにされつつあります。
 本特集では、認知症の人の身体疾患に対する治療を安全・確実に進めるために、薬剤管理の場面で認知機能障害に気づくためのポイント、コミュニケーションを円滑に図るためのコツ、急性期医療における認知症の人の身体管理の柱であるせん妄の予防と認知機能障害に配慮をした身体管理などについて、エキスパートの先生に臨床上での具体的な対応方法についてご解説いただきました。
 

▲ページの先頭へ

目次

月刊薬事2月号(Vol.61 No.3)
 
いまはこうする! 急性期・一般病院の認知症対応
 
■特集にあたって       
小川 朝生
■認知症対応の現状     
小川 朝生
■認知症の発見と支援   
榎戸 正則
■せん妄の病態と予防   
井上真一郎
■認知症に配慮した退院調整と在宅医療との連携   
五十嵐隆志
■服薬指導上知っておきたい認知機能障害に配慮したコミュニケーション     
河野佐代子、木村 範子、大和田陽子、藤澤 大介
■一般病院でのBPSDの予防と対応
高橋 晶
■向精神薬使用の適切な判断
 ●認知症に対する抗精神病薬使用の適切な判断   
谷向 仁
 ●認知症に対する抗不安薬・睡眠薬使用の適切な判断     
谷口 充孝
■身体治療場面での認知症治療薬使用上の注意点   
上村 恵一
■認知機能障害のリスクとなる薬剤       
岡本 禎晃
■認知症対応はじめの一歩はせん妄対策――DELTA PROGRAM(多職種によるせん妄の診断、予防、介入)で入院中のせん妄高齢患者の予後を改善 
吉田 稔
 
 
取材
 
●フロントページ 新たな領域における薬剤師の貢献のいまと課題   
第28回日本医療薬学会年会(兵庫県神戸市)
●レポート 被災現場で入手可能な同種同効薬を検索し提案、非常時の薬剤師業務をICTが支援 
宮城県薬剤師会
 
 
連載
 
●新連載 メカニズムから理解する 救急・急変対応Basic Lecture[1]
ショック―鑑別編―     
小原 章敏
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[10]
肥満患者の投与設計     
宮川 泰宏
●薬剤師が行うこころのケア こんなときどうするの?[6]
患者さんが目の前で泣きだしたらどうする?――悲しみという感情の役割について     
清水 研、田中 康裕
●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[27]
その「下痢」が良くなったのはファモチジンのおかげですか?       
望月 敬浩、大森 翔太
●考え方がわかれば解き方がみえてくる クリニカル・クエスチョンの解決への筋道[4]
ミカファンギンのカンジダ菌血症治療で有効な投与量について教えてください 
眞継 賢一
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[17]
病院にしわ寄せされる薬価制度の矛盾     
中野 一夫
●ジャーナルクラブの広場       
齊藤 順平/花井 雄貴/中薗 健一/原 直己/桑原 秀徳/平田 純生、成田 勇樹/木村 友絵、木村 利美/松山 千容、Matthew Deneff、鈴木 真也、Alexandre Chan、Lisa Holle
●審査報告書から見る 新薬の裏側[25]
イミフィンジ®点滴静注120mg・500mg(デュルバルマブ)    
鈴木 信也
 
 
その他
 
●薬事セレクション
●初収載ジェネリックPICK UP
トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠/ミルタザピン      
小宮 実直、舟越 亮寛/小池 博文
●書評 初めの一歩は絵で学ぶ 漢方医学
●ニュースレター
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

月刊薬事3月号(Vol.61 No.4)
 
モニタリングから介入まで
自信をもって対応できる 薬物相互作用
 
◆企画:三浦 昌朋(秋田大学医学部附属病院薬剤部 教授・薬剤部長)
 
■フルーツジュースとの薬物相互作用     
赤嶺由美子
■分子標的抗がん薬と胃酸分泌抑制薬との薬物相互作用     
大神 正広
■抗血小板薬とPPIとの薬物相互作用     
古田 隆久
■抗凝固薬と抗菌薬・抗真菌薬との薬物相互作用   
新岡 丈典
■HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の薬物相互作用      
大野 能之
■抗精神病薬・抗うつ薬併用時の薬物相互作用     
古郡 規雄
■抗てんかん薬との併用時に注意すべき薬物相互作用       
山本 吉章
■経腸栄養剤とワルファリンなどの薬物相互作用   
伊東 弘樹
■造血幹細胞移植時に遭遇する免疫抑制薬との薬物相互作用 
鐙屋 舞子
■HIV治療時に遭遇する薬物相互作用      
矢倉 裕輝
■疼痛治療薬使用時に注意すべき薬物相互作用     
内藤 隆文
■抗不整脈薬併用時の薬物相互作用       
土岐 浩介

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2019年9月号(Vol.61 No.12)
  • 月刊薬事2019年8月号(Vol.61 No.11)
  • 月刊薬事2019年7月号(Vol.61 No.09)
  • 月刊薬事2019年6月号(Vol.61 No.08)
  • 月刊薬事2019年5月号(Vol.61 No.06)
  • 月刊薬事2019年4月号(Vol.61 No.05)
  • 月刊薬事2019年3月号(Vol.61 No.04)
  • 月刊薬事2019年1月号(Vol.61 No.01)
  • 月刊薬事2018年12月号(Vol.60 No.16)
  • 月刊薬事2018年11月号(Vol.60 No.15)
  • 月刊薬事2018年10月号(Vol.60 No.13)

▲ページの先頭へ