月刊薬事2019年12月号(Vol.61 No.16)

立ち読み

月刊薬事2019年12月号(Vol.61 No.16)

【特集】 病棟で経験する発熱・炎症反応 抗菌薬は必要か? 抗菌薬は効いているか?

商品コード 93570
編著
判型 A4変型判
発行日 2019年12月
ページ 190頁
定価 ¥2,150 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 病棟で経験する発熱・炎症反応 抗菌薬は必要か?抗菌薬は効いているか?
 
企画: 青木 洋介(佐賀大学医学部国際医療学講座臨床感染症学分野 教授)
 
多くの医療場面において、抗菌薬の使用の端緒となるものが、患者さんの発熱や採血上の炎症所見の上昇です。本特集では、病棟において頻度の高い医療関連感染症、抗菌薬投与の対象とならない発熱・炎症所見(の要因)について、抗菌薬や解熱鎮痛薬などの薬剤の要否を判断するために知っておきたい情報をまとめました。無用な、あるいは過剰な抗菌薬の投与を減ずることができるよう、感染症のエキスパートが介入のポイントを解説します。

▲ページの先頭へ

目次

月刊薬事12月号(Vol.61 No.16)
 
●特集 病棟で経験する発熱・炎症反応 抗菌薬は必要か? 抗菌薬は効いているか?
 
■特集にあたって       
青木 洋介
■入院患者の発熱・炎症への診断アプローチ       
千酌 浩樹
■病棟で頻度の高い細菌感染症とそのみかた
 ●肺 炎     
住吉 誠、宮崎 泰可
 ●尿路感染症 
髙橋 聡
 ●カテーテル関連血流感染症(CRBSI)  
長尾 美紀
 ●術後感染およびC. difficile感染症  
畑 啓昭
 ●発熱性好中球減少症 
小泉 祐介
■抗菌薬の効果判定
 ●その抗菌薬は必要? 効いている? いつ終了する?   
堀野 哲也
■入院患者における非感染性発熱・炎症所見上昇の考え方
 ●発熱・炎症所見の原因となる非感染性病態および疾患   
加藤 英明
 ●薬剤熱とその対応   
丹羽 隆
■一次検査の重要性     
浦上 宗治
■入院患者の発熱――症例に学ぶ抗菌薬使用のピットフォール       
濱田 洋平
 
 
取材
 
●INTERVIEW 医療薬学会 専門薬剤師制度を大幅改革――21年から順次新制度に 薬局対象の新制度も    
奥田 真弘氏(日本医療薬学会 会頭/大阪大学医学部附属病院 薬剤部長)、寺田 智祐氏(日本医療薬学会専門薬剤師育成委員会 委員長/滋賀医科大学医学部附属病院 薬剤部長)
●この人に聞く リスク・ベネフィットを考慮した医療安全の最適化――薬剤師ゼネラルリスクマネジャー(GRM)の活動       
髙橋 弘充氏(東京医科歯科大学医学部附属病院薬剤部 薬剤部長)、佐瀬 裕子氏(東京医科歯科大学医学部附属病院医療安全管理部 ゼネラルリスクマネジャー)
 
 
 
連載
 
●メカニズムから理解する 救急・急変対応Basic Lecture[11]
各論②腹痛     
北村 信次
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[20]
逆に考えてみると       
宮川 泰宏
●腎薬ドリル Pitfall & Tips! 腎臓病薬物療法の理論と臨床を結ぶトレーニング[3]
利尿薬の適正使用       
吉田 拓弥
●知っておきたい 非がん患者の緩和ケア[3]
呼吸器疾患――慢性閉塞性肺疾患(COPD) 
松田 能宣
●腕きき専門医のもとで修業しないと身につかない 抗菌薬適正使用支援のストラテジー[9]
発熱診断症例練習――外来編から発展編   
大路 剛
●「法律知識ゼロ」でも大丈夫! ようこそ“おくすり事件簿”の世界へ[4]
まれな副作用に対するアプローチ。医療者はどこまでカバーするべき?       
三村まり子
●進め!! 医療薬学研究[2]
医学系研究者育成と研究力強化のための戦略       
門松 健治
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[27]
波乱含みの令和元年後半のスタート       
中野 一夫
●審査報告書から見る 新薬の裏側[35]
デファイテリオ®静注200mg(デフィブロチドナトリウム)   
荒 義昭
●ジャーナルクラブの広場       
齊藤 順平/吉廣 尚大/中薗 健一/桑原 秀徳/岡田 直人、座間味義人、石澤 啓介/中出 順也/木村 友絵、木村 利美/Cedric White、 Lisa Holle、鈴木 真也
 
 
その他
 
●書評 漢方処方ハンドブック/はじめる とりくむ 災害薬学
●薬事セレクション
●ニュースレター
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

●特集 急性期医療のケア移行 シームレスな薬物治療を提供しよう!
 
◆企画:日本集中治療教育研究会(JSEPTIC)薬剤師部会
 
■座談会       
原  直己(司会)/安藝 敬生/岩渕  聡/川口奈奈子/前田 幹広
■ケア移行とは 
中薗 健一
■ケア移行における各医療従事者の視点
 ●医師の視点 
永冨 彰仁
 ●看護師の視点       
戎  初代
 ●薬剤師の視点       
添田  博
■各 論
 ●循環器     
吉廣 尚大
 ●神 経     
谷本  唯
 ●代謝/内分泌
橋本麻衣子
 ●栄 養     
鈴木慎一郎
 ●予 防     
山本麻里子
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2020年1月号(Vol.62 No.01)
  • 月刊薬事2019年11月号(Vol.61 No.15)
  • 月刊薬事2019年10月号(Vol.61 No.13)
  • 月刊薬事2019年9月号(Vol.61 No.12)
  • 月刊薬事2019年8月号(Vol.61 No.11)
  • 月刊薬事2019年7月号(Vol.61 No.09)
  • 月刊薬事2019年6月号(Vol.61 No.08)
  • 月刊薬事2019年5月号(Vol.61 No.06)
  • 月刊薬事2019年4月号(Vol.61 No.05)
  • 月刊薬事2019年3月号(Vol.61 No.04)
  • 月刊薬事2019年2月号(Vol.61 No.03)

▲ページの先頭へ