赤外・ラマンスペクトル測定法

製剤開発、品質・プロセス管理のための

赤外・ラマンスペクトル測定法

テラヘルツ~近赤外光、ラマン散乱光を活用する

商品コード 52206
編著 坂本 知昭/編
判型 B5判
発行日 2019年9月
ページ 204頁
定価 ¥10,000 +税
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●医薬品の分光測定にこの一冊
 
医薬品品質のグローバル化により品質特性についてより深い理解が求められるようになりました。また、製造工程における品質特性解析・評価においては、試料の前処理が不要、迅速な測定、リアルタイムの工程評価が望まれています。分光法はこれらの課題に応える新たな分析技術として適用されるようになりました。本書は、医薬品分析に各種分光法を用いる場合に特化しており、基本的な測定法から各手法の特性や違い、失敗しやすいポイントなどを実際の測定結果とともに解説します。製剤開発や品質管理業務に従事する方へおすすめです。

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • FDAのGMP査察から学ぶ
  • 第十七改正 日本薬局方 技術情報 JPTI2016
  • 医薬品製造工場の施設・設備設計のポイント
  • 無菌製造法に関する製造指針と品質管理 第2版
  • バイオ医薬品の品質管理戦略
  • ICH改革とICHガイドライン解説
  • 無菌医薬品GMP
  • 細胞培養実習テキスト
  • 第十七改正 日本薬局方
  • 第十七改正日本薬局方 第一追補
  • QCラボ/微生物ラボ管理基準
  • GMP・ICH 医薬用語事典 第3版

▲ページの先頭へ