月刊薬事 2024年2月号(Vol.66 No.3)

立ち読み

月刊薬事 2024年2月号(Vol.66 No.3)

【特集】血中濃度の変動要因を見極めよう 悩ましい薬物動態の諸問題

商品コード 93620
編著
判型 A4変型判
発行日 2024年2月
ページ 168頁
定価 ¥2,365(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 血中濃度の変動要因を見極めよう 悩ましい薬物動態の諸問題
 
企画:赤嶺 由美子(秋田大学医学部附属病院薬剤部)
 
薬物治療で注意すべきポイントは、薬物動態だけでも薬物代謝酵素、薬物相互作用、肝・腎機能など、多岐にわたります。これらについて添付文書などに記載があっても、実際に臨床でどこまで気にすべきか、どこから介入すべきか、薬剤師にとっては悩ましい問題です。本特集では、臨床でしばしば問題となる薬物動態に関する諸問題について、実践的なアプローチを紹介します。
 
 
 

▲ページの先頭へ

目次

●特集:血中濃度の変動要因を見極めよう 悩ましい薬物動態の諸問題

■特集にあたって
赤嶺 由美子
■総論
 ●薬物動態に影響を及ぼす要因は臨床でどこまで考慮すべきか
三浦 昌朋
■基礎編――薬物動態への影響を考慮すべき要因とそのアプローチ
 ●薬物動態における薬物代謝酵素の役割
鬼木健太郎
 ●薬物動態における薬物トランスポーターの役割
廣田 豪
 ●経口・静脈内投与――ボリコナゾールの注射・経口製剤の切り替え
百 賢二,舘野 円花,守屋賀奈絵
■実践編――薬剤別マネジメント
 ●抗凝固薬
中川 潤一
 ●抗菌薬・抗真菌薬
岡田 直人
 ●向精神薬
赤嶺由美子
 ●循環器疾患治療薬・抗不整脈薬
島本 裕子
 ●糖尿病治療薬
外間 登
 ●抗がん薬
横田 隼人
 ●抗体医薬品
福土 将秀
■実践編――背景疾患のある患者のマネジメント
 ●腎機能低下
山本 和宏
 ●肝機能障害
白根 達彦,山本 武人
 ●妊婦・授乳婦
香西 祥子,河西 邦浩
 ●早産児・低出生体重児の腎機能評価と投与設計
齊藤 順平
■最新Topics
 ●ファーマコゲノミクス(PGx)
石村 裕樹,片田 佳希,平 大樹,寺田 智祐
 ●バイオマーカーを活用した病態時の薬物代謝酵素および薬物トランスポーター活性の評価
鈴木 陽介
 ●Population Pharmacokinetics(PPK)
土岐 浩介
 
連載
●Clipboard[8]
腎領域/DI領域
森住 誠/若林 進
●つながる検査と薬[8]
1型糖尿病治療中にケトアシドーシスを起こした患者
永田 未希
●領域別薬剤師ケースカンファレンス from KYOTO[4]
整形外科領域 二次性骨折予防の取り組みはどうしていますか?
大竹 優樹/福田 喬士/寺坂 和雄/天満 智也/中井登代美/起塚 美沙
●振り返れば国試[8]
脳梗塞急性期の薬物療法のポイントは?
小川 敦,辻中 海斗,神田 将哉,石澤 啓介
●添付文書からRMP,審査報告書まで 新薬ななめ読み[40]
リットフーロカプセル50mg(リトレシチニブトシル酸塩)
鈴木 信也
●あなたはどう考える? パズルで紐解く病態別栄養療法[7]
慢性便秘の症例に適切に対応するために必要なピースはどれ?
吉田 貞夫
●総合診療医が教える。外来薬物療法ケースカンファレンス[24]
ワルファリンの作用を増強させる薬剤はどれか?
石井 義洋
●ジャーナルクラブの広場
武田 真央/鈴木 大介/若杉 和美/Lisa Holle,鈴木 真也/
小杉卓大/木村 友絵,木村 利美
 
その他
 
●今月の読者プレゼント
●書評 感染症・病原体とくすり
●News Lab.
●学会&研修会カレンダー
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

●特集 病棟・外来でよくみる気になる 神経診療Up to Date

◆企画:永田栄一郎(東海大学医学部内科学系脳神経内科)
 
■よくみる神経症状・疾患へのアプローチ
 ●頭痛(三叉神経痛を含む),めまい
 ●疼痛,感覚障害
 ●意識障害,失神,けいれん
 ●認知機能低下,高次脳機能障害
 ●嚥下障害,構音障害,運動麻痺,運動失調
 ●視力障害,視野異常,複視
 ●歩行障害,筋力低下,不随意運動
 ●睡眠障害(RBD,レストレスレッグス症候群を含む)
 ●てんかん
 ・抗てんかん薬の血中濃度から有効性をどう読み解く?
 ・新規抗てんかん薬の位置づけ,使い方は?
 ●パーキンソン病
 ・パーキンソン病の症状に応じた薬剤調整の考え方は?
 ・新規抗パーキンソン病薬の位置づけ,使い方は?
 ●認知症
 ・疾患による認知症状の違いは?
 ・新規認知症治療薬の位置づけ,使い方は?
 ●脳梗塞
 ・脳梗塞の二次予防のための薬の使い方は?
 ・脳梗塞急性期の治療法は?
 ●重症筋無力症
 ・重症筋無力症の免疫療法の考え方は?
 ・新規重症筋無力症治療薬の位置づけ,使い方は?
 ●多発性硬化症,視神経脊髄炎(NMOSD)
 ・多発性硬化症,視神経脊髄炎(NMOSD)の免疫療法の考え方は?
 ・新規多発性硬化症,視神経脊髄炎(NMOSD)治療薬の位置づけ,使い方は?
 ●筋萎縮性側索硬化症,脊髄性筋萎縮症(SMA)
 ・最新のエビデンスを踏まえた治療法は?
 ・地域連携を含めた包括医療とは?

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事 2024年6月号(Vol.66 No.8)
  • 月刊薬事 2024年5月号(Vol.66 No.7)
  • 月刊薬事 2024年4月号(Vol.66 No.5)
  • 月刊薬事 2024年3月号(Vol.66 No.4)
  • 月刊薬事 2024年1月号(Vol.66 No.1)
  • 月刊薬事 2023年12月号(Vol.65 No.16)
  • 月刊薬事 2023年11月号(Vol.65 No.15)
  • 月刊薬事 2023年10月号(Vol.65 No.13)
  • 月刊薬事 2023年9月号(Vol.65 No.12)
  • 月刊薬事 2023年8月号(Vol.65 No.11)
  • 月刊薬事 2023年7月号(Vol.65 No.9)
  • 月刊薬事 2023年6月号(Vol.65 No.8)

▲ページの先頭へ