保険薬局Q&A 平成28年版

立ち読み

保険薬局Q&A 平成28年版

薬局・薬剤師業務のポイント

商品コード 48216
編著 日本薬剤師会/監、じほう/編
判型 A5判
発行日 2016年7月
ページ 256頁
定価(税込) ¥2,376
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●日々の薬局業務で生じる疑問に答える、新人教育から知識の再確認まで幅広くご活用いただける1冊!

 本書は「保険調剤Q&A」の姉妹版です。
「保険処方せんの使用期間は特に記載がなければ4日以内ですが、4日を超える場合、処方せんに理由が記載されていなければなりませんか?」―など、日々こなしている薬局・薬剤師業務の中で生じる「なぜ?」「どうして?」を解消します。
  処方せん受付、疑義照会、麻薬の取り扱い、後発医薬品や訪問薬剤管理指導など、薬局業務を行う上で知っておかなければならない130を超えるポイントをQ&A形式にまとめました。平成28年版では新たに、健康サポート薬局、かかりつけ薬剤師指導料、施設職員を介した服薬指導、共同指導の指摘事項などを掲載しています。2色刷りで注意すべき点がひと目で確認でき、忙しい業務の合間にも知りたいポイントがすぐにわかります。
最新の知識の確認のほか、事務スタッフの教育や、薬学生の実習受け入れの際のテキストとしてもご活用いただけます。


→5分でわかる!平成28年度調剤報酬改定 覚えておくべきポイント-その3-「健康サポート薬局の基準と機能」

 

→5分でわかる!平成28年度調剤報酬改定 覚えておくべきポイント-その2-「在宅患者訪問薬剤管理指導料」関連の点数はどう変わったの?

 

→5分でわかる!平成28年度調剤報酬改定 覚えておくべきポイント-その1-「モノから人へ」


-保険薬局Q&A 平成26年版 読者の声-
●必要な知識を身につける上で、何度でも繰り返し読んで勉強したい一冊だと思います。(薬局薬剤師)

●自分は、医療事務なので事務の仕事以外の薬局全体の仕事について書かれており、今後仕事の効率を上げるのに参考になりました。(保険薬局スタッフ)

●病院からの転職で保険薬局のことが全然わかっていなかったのですが、前回も読ませて頂きましたが、本当にわかりやすくて助かります。(薬局薬剤師)

●薬剤師だけでなく職員全体が勉強用に使っています。基本的な事が書かれているので新人スタッフに良い。(保険薬局スタッフ)

●改正内容も詳しく説明してあり、日頃の業務に役立ちます。(薬局薬剤師)

●基本的な事から詳しく色々と書かれていて、とても勉強になった。知らない事もたくさんあって、これからの業務に生かしていきたい。(保険薬局スタッフ)

●大きく改正された時には必ず購入しています。役立ってます。(保険薬局スタッフ)

●改定点もわかりやすく、Q&Aになっているのでとてもわかりやすかったです!!保険調剤と保険薬局、2冊ともとても重宝しています。(保険薬局スタッフ)

●この本がなければ調剤薬局のことでわからないことが解決できなかったと思います。(保険薬局スタッフ)

●点数改定に伴い、それぞれの改定箇所やポイントをカラーで分かりやすくしてあり、大変見やすく満足です。(保険薬局スタッフ)

●”かゆい所に手が届く”そんな一冊でした。(保険薬局スタッフ)

●業務をしていく時にとても役に立つ。(薬局薬剤師)

●理解しやすいよう説明されているのですごくありがたいです。色分けされているのもよい。(保険薬局スタッフ)

●ジェネリック、おくすり手帳など今までと変更のあったところが分かりやすく助かった。(薬局薬剤師)

●基本的なことから今まで働いていて知らなかった事(お恥ずかしいのですが)などが詳しく解説してあり、とても役に立っております。ありがとうございます。(保険薬局スタッフ)

●細かいところまで載っていて、参考になりました。(薬局薬剤師)

●業務に携わる上で大変参考になりました。毎回必ず拝読しております。(保険薬局スタッフ)

●調べたいことがある時に助かりますし、時間がある時読み物としても楽しめます。(保険薬局スタッフ)

●わからなかったことが、そのまま載っていたので、とても役に立ちました。(薬局薬剤師)

 

▲ページの先頭へ

目次

第1章 総論/トピックス
 地域包括ケアシステムの構築に向け薬剤師・薬局が目指すべき方向性
 topics1 かかりつけ薬剤師・薬局
 topics2 患者のための薬局ビジョン
 topics3 健康サポート薬局
 topics4 電子お薬手帳
 topics5 電子処方せん
 topics6 薬剤師の資格認証システム
 topics7 医療における「国民の役割」を規定(医療を適切に受ける国民の努力規定)

第2章 保険制度
 保険制度 Q1~Q5

第3章 保険薬局、保険薬剤師
 保険薬局 Q6~Q18
 保険薬剤師 Q19~Q28

第4章 構造・整備、標示・提示、申請・届出・更新
 構造・整備 Q29~Q34
 標示・提示 Q35~Q39
 申請・届出・更新 Q40~Q52

第5章 保険調剤
 処方せん受付 Q53~Q62
 疑義照会 Q63~Q68
 処方せん、調剤録 Q69~Q74
 調剤 Q75~Q79
 麻薬 Q80~Q95
 後発医薬品 Q96~Q103
 薬歴、お薬手帳 Q104~Q110
 訪問薬剤管理指導 Q111~Q115
 その他 Q116~Q123

第6章 指導・監査
 指導・監査 Q124~Q134

資料
1.保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則
2.保険医療機関及び保険医療養担当規則 抜粋
3.薬局の求められる機能とあるべき姿
4.患者のための薬局ビジョン ~「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ~

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 2025年の薬局・薬剤師
  • 保険調剤Q&A 平成28年版
  • 体調チェック・フローチャート 解説と活用 第2版
  • パパッと読めてちゃんと身につく 精神科薬物療法ガイド
  • かかりつけ医必携! 地域包括ケア時代における行動変容と継続支援
  • 在宅療養の薬学的謎解き
  • 居宅療養管理指導マニュアル 第2版
  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • かかりつけ薬剤師の対人業務入門
  • 服薬管理 はじめの一歩 コツとわざ
  • 薬局が変われば地域医療が変わる
  • 在宅医療Q&A 平成29年版

▲ページの先頭へ