連続生産技術が変える医薬品製造

PHARM TECH JAPAN 2017年9月臨時増刊号[Vol.33 No.12]

連続生産技術が変える医薬品製造

商品コード 92426
編著
判型 A4変型判
発行日 2017年9月
ページ 122頁
定価(税込) ¥4,644
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●連続生産を取り巻く現況を整理し、最新の取組み事例をまとめた1冊!

単独の単位操作が少ない統合された製造工程の実現により、設備の省スペース化や需要に応じたフレキシブルな生産体制を構築できるなどのメリットがある連続生産。米国FDAをはじめとする規制当局も適用を推奨しており、各企業における取り組みもいっそう盛んになっている。本増刊号では、連続生産をとりまく国内外の行政・業界団体の動きや、装置メーカー、アカデミア、製薬企業などの最新の取組み事例を紹介し、連続生産技術の広がりに向けた道筋を探ります。

▲ページの先頭へ

目次

第1章 連続生産を取り巻く世界の動向と行政・業界団体の取り組み
 1 PMDA革新的製造技術ワーキンググループの連続生産に関する活動について
 2 日本製薬工業協会品質委員会製剤研究部会連続生産プロジェクトの活動について
 3 2016レギュラトリーホワイトペーパー解説
 
第2章 装置・機器メーカーから見た連続生産のポイントと重点課題
 1 パウレックによる連続生産への取り組み
 2 連続生産プロセスに対するフロイント産業の取り組みと実例
 3 直打連続生産システムの開発Ⅱ
 4 ダルトンによる連続生産システムへの取り組み
 5 GEA固形剤連続生産システムによる検討
 6 シングルユース技術を用いた抗体医薬品製造の連続化
 7 連続フローリアクターが実生産にもたらすイノベーション
 
第3章 連続生産の技術的課題と最新動向・取り組み事例
 1 連続フロー法を用いる医薬品原体の製造
 2 医薬品連続生産システムをめざした晶析技術
 3 連続生産プロセスにおけるPATの適用
 4 連続生産を対象とするプロセスシステム工学研究
 5 連続生産を取り巻く環境とヤンセンファーマにおける連続生産のグローバル展開
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • FDA査察 第2版
  • 適切な査察対応が見えてくる!Q&Aで学ぶデータインテグリティ
  • 図解で学ぶPIC/S GMPガイド 第2版
  • コンピュータ化システム適正管理ガイドライン入門 第3版
  • 品質保証の新潮流
  • 実践 微生物試験法Q&A
  • わが国の医薬品の品質を考える
  • 製造工程別GMPリスク分析・評価事例集
  • 図解で学ぶGMP 第5版
  • バイオ医薬品ハンドブック 第2版
  • 新GMP微生物試験法 第3版

▲ページの先頭へ