DPCデータ活用の多彩な展開

これからの地域の急性期医療を考える

DPCデータ活用の多彩な展開

商品コード 43006
編著 藤森研司、松田晋哉/監
判型 B5判
発行日 2012年1月
ページ 120
定価(税込) ¥2,808
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

本書では、DPCデータから見た地域における医療機関の在り方から、医療計画におけるDPCデータや電子レセプトの活用、GISへの発展、さらには各医療機関で行われているDPCデータを用いたさまざまな地域性分析と活用事例について解説しました。
また、DPCデータ分析ソフトの草分けでもあるMEDI-ARROWSに新たに追加された地域性分析のための機能についての解説を行い,本書を片手に実践的な活用ができるよう紹介しています。

 

▲ページの先頭へ

目次

【目次】

第Ⅰ部 DPCデータから地域医療を考える
 第1章 DPCデータの医療計画への活用
 第2章 DPCデータ、患者調査データから地域医療を考える
 第3章 電子レセプトからみる患者受療動向
 第4章 GISとは何か
第Ⅱ部 急性期病院による地域に着目した分析事例
 第5章 選択と集中に必要な診療領域のセグメンテーション-DPCデータからの提案
 第6章 一極集中医療圏における急性期病院の方向性と組織づくり-魚屋から料亭へ-
 第7章 選択と集中が難しい大病院過密地域における地域医療への戦略
 第8章 多面的なデータ活用と多彩なアクションプランによる地域における患者獲得
第Ⅲ部 進化するMEDI-ARROWS
 第9章 MEDI-ARROWSを利用したマーケティング分析
 第10章 病院間比較でクリニカルパスを改善する

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • DPCデータの分析手法と活用
  • DPCデータの臨床指標・病院指標への活用

▲ページの先頭へ