PHARM TECH JAPAN 2017年2月号[Vol.33 No.2]

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2017年2月号[Vol.33 No.2]

商品コード 92417
編著
判型 A4変型判
発行日 2017年2月
ページ 約200
定価(税込) ¥2,052
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

今月号は特集が2本立て。粉体工学会の製剤と粒子設計部会とりまとめによる「連続生産」特集では、アカデミア、製薬企業、機器メーカーそれぞれの立場の執筆者が、製剤連続生産技術の現状を整理し、今後の動向を展望しています。
また、ライフサイエンス分野での新たな産業として注目を集める「再生医療」について、市場化や製品開発の視点でテーマを選定し特集。より深い情報を提供するために多くのページを割いておりますので、新たなトピックの情報収集にお役立てください。

▲ページの先頭へ

目次

特集 製剤連続生産

■特集にあたり
竹内洋文
■連続生産技術の進展と展望(アカデミアの立場から)
田原耕平
■連続生産技術の進展と展望(製薬企業の立場から)
松井康博
■新規な連続混合混練造粒乾燥システム
浅井直親
■連続生産装置の開発「CTS-MiGRAシステム」
松井 航、他
■連続造粒装置の開発
寺田 敬、他
■直打連続生産システムの開発
北村直成、他
■海外の連続生産装置の開発状況
遠藤幾勇
■標準処方研究フォーラムの研究報告
湯淺 宏、谷野忠嗣
■連続生産におけるPATツールの適用
石川達也
■連続生産におけるデザインスペースの構築
内田 浩、武田泰浩
 
REPORT
■関西国際空港「KIX AIR CARGO MEETING 2016」開催
 
INTERVIEW
■創薬・創剤人/小児医療の臨床と製剤開発をつなぐ架け橋/齋藤順平氏
 
再生医療特集
■①治験製品の品質確保と製造管理・品質管理
尾山和信
■②ヒト多能性幹細胞の形態による品質評価とその応用
古江-楠田美保
■③アイソレータシステムの除染と再生医療への展開
渡辺壮馬、鴻渡亮治
■④細胞培養加工施設におけるトレーサビリティシステム
岡﨑宏悟
■⑤(REPORT)再生・細胞医療産業化の拠点となる“ライフイノベーションセンター”
 
■⑥(REPORT)2016年度JBA バイオエンジニアリング研究会 講演会
 
インターフェックス大阪・再生医療産業化展・メディカルジャパン2017大阪
 
ARTICLES
■「天然化合物及びITを活用した革新的医薬品創出技術事業」の取り組みについて
新谷 昇
■タイムラプス影像技術を利用した微生物検査の全自動迅速・省力化ソリューション
永江茂行、上條茂徳、安田鋭造
■医療現場を知ろう!
原 敦子
■【医薬品製造施設のリスクベースアプローチによるキャリブレーション(第2回)】
コンテインメント装置におけるメンテナンスのリスクと具体的手法
篠田考史
■【医薬品工場の省エネ対策を考える(第4回)】
熱源、ユーティリティー、給排水設備による省エネ対策
伊藤公一
■医薬品開発、品質・製造工程管理における分光測定 第6回 ラマン分光法(その1)
坂本知昭、他
■ゼロからのプロジェクトマネジメント(第11回)
星野 隆
■WFIを自主管理するに至る道のり(1)
布目 温
■“ISPE Good Practice Guide: Technology Transfer(2nd Edition)・日本語版”の紹介
長谷川正樹
■【製品開発のための相図から読み解く界面活性剤の物性(第6回)】
両性界面活性剤
三宅深雪
■人に仕事をさせるということ
Charlie Wakeham and Thomas Haag、(監修)川上浩司、(翻訳)木村 丈
■「2016 AAPS Annual Meeting and Exposition」印象記
兒玉智史
■新EU臨床試験規則(EU-CTR)施行 Regulation(EU)No.536/2014(第5回)
羽石達生
■【薬剤系研究者が使える!有機化学(18)】糖尿病治療薬と糖質の化学
高橋秀依、夏苅英昭
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■【医療機器ソフトウェア-ソフトウェアライフサイクルプロセス(第28回)】
ソフトウェア構成管理プロセス
宇喜多義敬
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.112)
津田重城
 
Study of GMP
■今、求められる「データインテグリティ」の傾向と対策(その8)
荻原健一
■GMP調査対応のイロハ~日常業務としてのGMP管理とデータインテグリティ~(第4回)
製品原料資材保管等
中川原愼也
 
製剤技術
■【製剤と粒子設計】錠剤印刷技術とインクジェット式錠剤印刷装置の開発の歩み
今井友太
 
●行政ニュース
肝炎研究10カ年戦略見直し
●News Topics
◆次号予告
■World News Topics
ガイドライン関連、品質関連、警告書関連、483文書、規制関連、ガイダンス関連、査察関連、研修関連、その他のトピック

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>

▲ページの先頭へ