月刊薬事2018年6月号(Vol.60 No.8)

立ち読み

月刊薬事2018年6月号(Vol.60 No.8)

なるほど納得!リハ栄養とリハ薬剤

商品コード 93533
編著
判型 A4変型判
発行日 2018年6月
ページ 190頁
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特 集 なるほど納得!リハ栄養とリハ薬剤
 
企画:若林秀隆(横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科)
 
 超高齢社会の日本では,生活機能の低下を認めるフレイル高齢者や障害者が増加しています。生活機能低下の主な原因には,サルコペニアや低栄養があり,近年サルコペニアや低栄養を改善することで,生活機能やQOLを最大限高めることを目指すリハビリテーション(リハ)栄養の考え方が注目されています。
 一方,生活機能低下の主な原因には,薬剤,ポリファーマシーもありますが,リハ領域では薬剤より機能訓練が,薬剤領域ではリハより疾患治療が重視され、リハと薬剤は遠い距離にあったといえます。しかし,生活機能を最大限高めるためには,リハ栄養の薬剤版で,フレイル高齢者や障害者の生活機能を最大限高める「リハからみた薬剤」や「薬剤からみたリハ」であるリハ薬剤の考え方が欠かせません。
 そこで本特集では、フレイル高齢者や障害者の生活機能やQOLの向上のため薬剤師に必要なリハ栄養とリハ薬剤の考え方を解説します。

 

▲ページの先頭へ

目次

なるほど納得! リハ栄養とリハ薬剤
 
■特集にあたって       
若林 秀隆
■リハ栄養
 ●リハ栄養の考え方   
藤原 大
 ●リハ栄養ケアプロセス       
牛島 大介
■リハ薬剤
 ●リハ薬剤の考え方   
若林 秀隆
 ●国際生活機能分類   
豊田 義貞
 ●ポリファーマシーのリハ薬剤 
樋島 学
 ●サルコペニアのリハ薬剤     
中道真理子
 ●フレイル高齢者とリハ薬剤   
藤原 久登
 ●脳卒中のリハ薬剤   
林 宏行
 ●運動器疾患(大腿骨近位部骨折など)のリハ薬剤       
中村 直人
 ●回復期リハ病棟でのリハ薬剤の実践   
東 敬一朗
 
 
座談会
 
●「月刊薬事」「調剤と情報」2誌合同座談会
「平成30年度診療報酬改定」――薬剤師への期待にどう応えるか    
川上 純一/篠原久仁子/山村 真一/吉岡 睦展
 
 
取材
 
●この人に聞く
ダブルチェックのピットフォール――ヒューマンエラーをどう減らす?       
田中 健次(電気通信大学大学院情報理工学研究科 教授)
 
 
連載
 
●モダトレ[22]
関節レントゲンで偽痛風を,関節レントゲンとMRIで特発性大腿骨頭壊死症を確認してみる     
梶原 洋文,二宮 直俊
●審査報告書から見る 新薬の裏側[17]
ネイリン®カプセル(ホスラブコナゾール L-リシンエタノール付加物)       
冨田 隆志
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[2]
小児薬物動態の落とし穴 
宮川 泰宏
●総合診療医のアプローチに迫る! 薬の副作用ケースファイル[14](完)
血小板減少――薬剤性血小板減少症のillness scriptは?  
原田 拓
●Difficult Patient相談室[2]
ノン・アドヒアランス患者       
鋪野 紀好,三上奈緒子
●がん薬物療法の「スキマ」な副作用――困った症状と正しく向き合う![6]
流涙――治療が始まってから涙が止まらなくて,ハンカチが手放せません。薬の副作用なら何とかしてほしいです…       
川澄 賢司
●病態生理×臨床推論のクリニカルロジック[21]
発熱(中編)――SIRSの病態から学ぶ発熱+αの探し方     
高橋 良
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[9]
最初が肝心! 本番を迎えた2018年度薬価交渉     
中野 一夫
●専門医が語る 精神疾患のとらえ方・治療の考え方[9]
臓器移植精神医学       
西村 浩
●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[20]
この「発熱」はST合剤による薬剤熱ですか?      
國本 雄介,岸田 直樹
●ジャーナルクラブの広場       
齊藤 順平/加藤 隆寛/勝 綾香,中薗 健一/桑原 秀徳/平田 純生,成田 勇樹/桝田 浩司/木村 友絵,木村 利美/松山 千容,鈴木 真也,Alexandre Chan
●適応外使用の処方せんの読み方[96]
チック症・トゥレット症 
藤原 豊博
 
 
その他
 
●薬事セレクション
●書評 漢方薬のストロング・エビデンス/著作権のキホン
●ニュースレター
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

2018年7月号(Vol.60 No.9)
 
いま見直しておきたい!
術後イベントの薬学的管理 実践ポイント
 
◆企画:村川 公央,千堂 年昭(岡山大学病院薬剤部)
 
■特集にあたって            
千堂 年昭
■術後管理の基礎知識   
鈴木 聡,日笠友起子
■各 論
 ●血栓(深部静脈血栓症,肺血栓塞栓症,静脈血栓塞栓症)
冨澤  淳
 ●循環器(血圧,不整脈,心筋虚血)   
添田  博
 ●術後の急性腎障害   
柴田 啓智
 ●感染症(手術部位感染,尿路感染)
丹羽  隆
 ●術後痛     
長谷川哲也
 ●排尿障害・排便障害 
向原 里佳
 ●悪心・嘔吐 
柴田ゆうか
 ●せん妄・不眠       
井上真一郎
 ●栄養障害   
林  勝次
 ●血糖異常   
阿部  猛
 ●嚥下障害   
柴田みづほ
 ●口腔ケア   
山中 玲子

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2018年5月号(Vol.60 No.6)
  • 月刊薬事2018年4月号(Vol.60 No.5)
  • 月刊薬事2018年3月号(Vol.60 No.4)
  • 月刊薬事2018年2月号(Vol.60 No.3)
  • 月刊薬事2018年1月号(Vol.60 No.1)
  • 月刊薬事2017年12月号(Vol.59 No.16)
  • 月刊薬事2017年11月号(Vol.59 No.15)
  • 月刊薬事2017年10月号(Vol.59 No.13)
  • 月刊薬事2017年9月号(Vol.59 No.12)
  • 月刊薬事2017年8月号(Vol.59 No.11)
  • 月刊薬事2017年7月号(Vol.59 No.9)

▲ページの先頭へ