PHARM TECH JAPAN 2024年6月号(Vol.40 No.8)

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2024年6月号(Vol.40 No.8)

商品コード 92514
編著
判型 A4変型判
発行日 2024年6月
ページ 220頁
定価 ¥2,200(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

特集 インターフェックスWeek 東京

 

6月号では、2024626日(水)~28日(金)に東京ビッグサイトにて開催される、医薬品・化粧品業界日本最大級の展示会「インターフェックスWeek 東京 2024」について特集しています。展示会の見どころや注目のカンファレンスを紹介するほか、セミナー演者への事前インタビュー「セミナー演者に聞く」を掲載しています。

▲ページの先頭へ

目次

特集 インターフェックスWeek 東京


■インターフェックスWeek 東京 2024

■インターフェックスジャパン 専門技術セミナーの見どころ

INTERVIEW セミナー演者に聞く

①医療用医薬品の品質問題と安定供給

伊豆津健一

②プロセス研究の醍醐味 -失敗とひらめきがプロセス開発を加速する-

大東 篤

③中外製薬の品質保証面におけるCMOマネジメントの考え方と手法

三ツ木礼子

 

INTERVIEW

■社会人の博士号取得を推進する大学院整備

附属病院や医学部との連携で院内製剤の研究も

国際医療福祉大学成田キャンパス 薬学部長 米持悦生

Samsung Biologics 日本への事業展開を聞く

 Samsung Biologics、専務、グローバル営業統括 ケヴィン・シャープ

 

REPORT

LINK-J、アステラス新施設でイベント開催

 つくばに拠点を置く製薬企業のオープンイノベーション戦略

JBA、バイオエンジニアリング研究会 講演会開催

CPHI Japan 2024(国際医薬品開発展)開催

 国内外から過去最多の出展 安定供給に向けた課題と取り組みに関する講演も多数

 

PHARM TECH JAPAN ONLINE

2024年4月度、月間閲覧ランキング

PHARM TECH JAPAN バックナンバー2024年4月度、閲覧ランキング

 

ARTICLES

■欧州連合のQualified Person資格とGMP人材育成の仕組み

 ~日本の医薬品品質保証体制における人材育成の課題の視点から~

鳴瀬諒子、髙松紗絵子、鈴木雅寿、櫻井信豪

■医薬品製造販売業におけるGDPを意識した流通課題への取り組み 第2回〔前編〕

吉成友宏、中島武史、小阪勇士、八幡実希、中田 寛

 

 

■レギュラトリーサイエンス教材ポイントシリーズ

 医薬品 医薬品中の変異原性不純物の評価と管理

本間正充

 医薬品 RMPの効果の向上

成川 衛

 化学物質 家庭用品中の化学物質による健康被害防止に向けた対策

河上強志

 化学物質 室内濃度指針値

酒井信夫

 化学物質 遺伝毒性物質のリスク評価と閾値

杉山圭一

 食品 ゲノム編集技術応用食品の事前相談・届出制度

柴田識人

 食品 我が国の食品添加物の指定及び改正

杉本直樹

 食品 遺伝子組換え食品の表示制度の改正

曽我慶介

 食品 食物アレルギーに関する表示制度

爲廣紀正

■新連載 創薬・創剤・イノベーションを加速する連携

 ~産学連携コンソーシアムの活動と展望~ 連載開始にあたって

公益社団法人日本薬剤学会 出版委員会

 立命館大学における創剤研究と製剤技術研究における産学連携

伊吹リン太

CMOを活用するための適切なプロセス及びその要求事項

岡本英嗣、宮崎達也、山﨑龍一

■高薬理活性固形製剤製造設備の概要

 -富士製薬工業株式会社・第6製剤棟マルチ製造設備-

野崎隆宏、山田純也、林 靖祐、小野道由

■医薬品業界において技術士が提供するソリューション(第6回)

 研究者・技術者が知っておくべき医薬品特許の留意事項

森本敏明

E&Lの基本的な試験概要と今後の課題

坂本悠太

■新製剤技術とエンジニアリング振興基金 海外留学研究助成金 報告書

 FTIR分光イメージングを活用した医薬品共結晶の溶解挙動解析

巽 由奈

■-誰でもできる・はじめての細胞培養-(第24回)

 ヒト多能性幹細胞を3カ月以上維持培養、どうする?

古江美保

■第14回製剤技師認定試験問題と解説(5)(応用編)

公益社団法人 日本薬剤学会 製剤技師認定委員会

■医療機器におけるGAMP® 5 第2版の活用

Ralph Dröge and Peter Schober、(監修)川上浩司、(翻訳)本田宗倫

■アジアを知る -医薬品産業・ヘルスケアをとりまく薬事行政・文化的な違い

(第10回)フィリピン〔最終回〕

佐々木賢次郎

■製剤研究者が注目する一押しトピック

 

Study of GMP

■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第78回)

 トレーニングについての再確認(6) ~「何をトレーニングするか?」~

柳澤徳雄

 

製剤技術

■【製剤と粒子設計】細胞外小胞とDDS:実用化へ向けた課題と現在地

吉岡祐亮

 

News Topics

 

World News Topics

▲ページの先頭へ

次号案内

データ・インテグリティ特集 課題を知り対応を探る

①データ・インテグリティ確保に向けた適切な記録ならびに管理方法

日本PDA製薬学会 北陸勉強会 データ・インテグリティ分科会

②協和キリンにおけるデータ・インテグリティWGの取り組み

藤本和也

③データ・インテグリティに関する現在の運用上の課題

荻原健一

 

ARTICLES

■【新連載】知っておきたいエンドトキシンTOPICS(第1回)

 エンドトキシンに関する最近の話題

室井正志(武蔵野大学)

■奈良県薬務・衛生課によるGMP指導の取り組み

橋本明日香(奈良県福祉医療部)

■医薬品製造販売業におけるGDPを意識した流通課題への取り組み(第2回)〔後編〕

吉成友宏、中島武史、小阪勇士、八幡実希(武田薬品工業)、中田 寛(三菱倉庫)

■医薬品製造におけるDXの推進

日本PDA製薬学会 関西勉強会 デジタルトランスフォーメーション(DX)グループ

■バイオ医薬品等のウイルス安全性の新時代に向けた国際動向

日本PDA製薬学会 バイオウイルス委員会 ウイルス安全性分科会

■レギュラトリーサイエンス教材ポイントシリーズ

 医薬品 医薬品の安全性薬理試験

諫田泰成(国立医薬品食品衛生研究所)

■医薬品業界において技術士が提供するソリューション(第7回)

 繊維技術の革新で細胞培養とDDSに挑む

藤田 聡(福井大学)

■国内ペプチドCDMO動向

國谷亮介、海野淳奈(ペプチスター)

■創薬・創剤・イノベーションを加速する連携

 東京薬科大学創薬エコシステムの取り組み

石原比呂之(東京薬科大学)

■第14回製剤技師認定試験 問題と解説(6)(応用編)

公益社団法人 日本薬剤学会 製剤技師認定委員会

■製剤研究者が注目する一押しトピック

 

Study of GMP

■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第79回)

柳澤徳雄

 

製剤技術

■【製剤と粒子設計】TBA

岡田芳樹(関西大学)

 

その他

News Topics ●World News Topics

 
 
 

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM TECH JAPAN 2024年7月号(Vol.40 No.9)
  • PHARM TECH JAPAN 2024年5月号(Vol.40 No.7)
  • PHARM TECH JAPAN 2024年4月号(Vol.40 No.5)
  • PHARM TECH JAPAN 2024年3月号(Vol.40 No.3)
  • PHARM TECH JAPAN 2024年2月号(Vol.40 No.2)
  • PHARM TECH JAPAN 2024年1月号(Vol.40 No.1)
  • PHARM TECH JAPAN 2023年12月号(Vol.39 No.14)
  • PHARM TECH JAPAN 2023年11月号(Vol.39 No.13)
  • PHARM TECH JAPAN 2023年10月号(Vol.39 No.12)
  • PHARM TECH JAPAN 2023年9月号(Vol.39 No.11)
  • PHARM TECH JAPAN 2023年8月号(Vol.39 No.9)
  • PHARM TECH JAPAN 2023年7月号(Vol.39 No.8)

▲ページの先頭へ