Dr.林&Ph.堀の危ない症候を見分ける臨床判断

立ち読み

Dr.林&Ph.堀の危ない症候を見分ける臨床判断

商品コード 47356
編著 著者:林 寛之(福井大学医学部附属病院総合診療部教授)
   堀 美智子(医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー)
判型 A5判
発行日 2015年6月
ページ 117頁
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●「頭痛」や「腹痛」など、日常的によくある訴えに潜む危険な症候を見逃すな!

 本書は、患者対応でよく遭遇するさまざまな疑問を、NHKの「総合診療医ドクターG」にも出演され、救急の第一線で活躍するDr.林がクリアカットに解説。百戦錬磨の医師・薬剤師ならではの掛け合いを読み進めるうちに、命に関わる危険なサインの見分け方が身につきます。オールカラーで、要点がひと目でわかるイラストが満載。学会やセミナーで大人気の講師2名から患者対応のエッセンスを学べる貴重な1冊です。
 

▲ページの先頭へ

目次

1章 頭痛
2章 腹痛
3章 腰痛
4章 疲労感・全身倦怠感
5章 下痢

▲ページの先頭へ


関連商品

  • Dr.林&Ph.堀の 危ない症候を見分ける臨床判断 Part2
  • 薬剤師の臨床判断
  • OTC薬ガイドブック 第3版
  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • 在宅医療チームのための臨床検査
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ⑤感染症領域
  • 総合診療医が教える よくある気になるその症状
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ②内分泌・代謝領域
  • 現場ですぐに役立つ!処方箋の読み方
  • 薬剤師のための臨床推論
  • 「あ、検査値が変わった」そのとき、薬のリスクは?
  • プライマリ・ケアに活かす薬局トリアージ

▲ページの先頭へ