月刊薬事 2023年11月号(Vol.65 No.15)

立ち読み

月刊薬事 2023年11月号(Vol.65 No.15)

【特集】向精神薬はどこから使う?どう使う? 入院患者の精神症状

商品コード 93617
編著
判型 A4変型判
発行日 2023年11月
ページ 188頁
定価 ¥2,365(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 向精神薬はどこから使う?どう使う? 入院患者の精神症状
 
企画:井上真一郎(新見公立大学健康科学部看護学科)
 
一般病棟では、身体疾患やその治療、環境の変化などにより、不眠、不安、抑うつ、せん妄などの精神症状が出現することは決して少なくありません。それらの症状をどう評価し、どこから薬物療法をはじめればいいのか、またそのリスクやベネフィットについて、専門医がいない場合には特に悩ましく思うことは多いのではないでしょうか。本特集では、こうした薬剤の使用が悩ましい精神症状に出合った際のアプローチについて、症例・処方例を多く交え、エキスパートが具体的かつ実践的な内容で解説しています。
 
 

▲ページの先頭へ

目次

●特集:向精神薬はどこから使う? どう使う? 入院患者の精神症状

 

■特集にあたって

井上真一郎

■総 論

 ●一般病棟でみられる精神症状と薬物療法の位置づけ

井上真一郎

■不眠へのアプローチ

 ●不眠の評価と鑑別,治療方針

佐伯 吉規

 ●症例から学ぶ 不眠の薬物療法

永井 美緒

■不安へのアプローチ

 ●不安の評価と鑑別,治療方針

大矢 希

 ●症例から学ぶ 不安の薬物療法

北浦 祐一

■抑うつへのアプローチ

 ●抑うつの評価と鑑別,治療方針

上村 恵一

 ●症例から学ぶ 抑うつの薬物療法

船橋 英樹

■せん妄へのアプローチ

 ●せん妄の評価と鑑別,治療方針

和田 佐保

 ●症例から学ぶ せん妄の薬物療法

平山 貴敏

■悩ましい場面でのアプローチ

 ●周術期における精神症状

山田 裕士

 ●救急場面における精神症状

兼久 雅之

 ●高齢者における精神症状

長濱 道治、伊藤 司、佐藤 皓平、錦織 光、稲垣 正俊

 ●周産期における精神症状

須田 哲史

Topics――見落としやすい&知っておきたい精神症状

 ●意思決定支援

小川 朝生

 ●ケモブレイン

谷向 仁

●薬剤が関連する非けいれん性てんかん重積状態(NCSE――抗菌薬関連脳症を含む

谷口 豪、中田 千尋、加藤 英生、大竹 眞央、藤 雄一朗

 ●術後認知機能障害(POCD

松原 敏郎、中川 伸

 ●アルコール依存症の治療におけるハームリダクション

石井 博修

 ●精神科領域における人工知能(AI

五十嵐江美

 

取材

この人に聞く

●ここまで来ている医療用AI──臨床判断力も一部で人を上回る成績

佐藤 弘康(JA北海道厚生連網走厚生病院薬剤科)

 

INTERVIEW

●書籍「これからはじめる 非がん患者の緩和ケア 第2版」の編集者に聞く 広がる非がん患者への緩和ケア

松田 能宣、山口 崇(国立病院機構近畿中央呼吸器センター心療内科/神戸大学医学部附属病院緩和支持治療科)

 

 

連載

Clipboard5

感染症領域/がん領域

高橋 佳子/坪井 伸也、葉山 達也

●領域別薬剤師ケースカンファレンス from KYOTO1] *新連載

緩和領域 がん疼痛のある腎機能低下患者へのオピオイドの選択は?

山内 舞香、三松 史野

●つながる検査と薬[5

鎮痛目的のNSAIDsで腎機能低下をきたした患者

磯﨑 遥

●改訂箇所をサクッとお届け! ガイドライン解説便[2

がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン 2022

やぎざいし

●添付文書からRMP,審査報告書まで 新薬ななめ読み[37

ネキソブリッド外用ゲル(パイナップル茎搾汁精製物ゲル)

荒 義昭

●振り返れば国試[5

不整脈の病態や薬物療法を把握するうえで重要なポイントとは?

鈴木 正論

●あなたはどう考える? パズルで紐解く病態別栄養療法[4

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の低栄養に適切に対応するために必要なピースはどれ?

吉田 貞夫

●総合診療医が教える。外来薬物療法ケースカンファレンス[21

神経障害性疼痛の第一選択薬を2つ選べ

石井 義洋

●迷わず判断デキる! フローチャート薬物治療[18

経腸栄養に伴う消化管機能障害(便秘,下痢)

佐野 邦明

●ジャーナルクラブの広場

鈴木 大介/鈴木 雄太/大橋 崇志/大川 恭昌/桑原 秀徳/

Jessica BylykuDisha PatelLisa Holle、鈴木 真也/木村 友絵、木村 利美

 

その他

 

●今月の読者プレゼント

News Lab.

●学会&研修会カレンダー

●次号予告・編集部より

 

▲ページの先頭へ

次号案内

●特集 時系列でみる血球異常の治療と管理

 

◆企画:樋口 敬和(獨協医科大学埼玉医療センター輸血部)

 

■総論

 ●血球異常とは

■血球異常の捉え方の基本

 ●血液検査所見の読み方,使い方

 ●血球異常の症状――身体所見

 ●血液疾患以外の併存疾患によりみられる血球異常

 ●小児と妊娠中の血液所見

 ●薬剤師が注意すべき血液異常

■時系列でみる赤血球異常の治療

 ●鉄欠乏性貧血

 ●溶血性貧血

 ●再生不良性貧血

 ●赤血球増加症(多血症)

■時系列でみる白血球異常の治療

 ●急性白血病

 ●骨髄異形成症候群

 ●慢性骨髄性白血病

 ●多発性骨髄腫

■時系列でみる血小板異常の治療

 ●血小板減少症

 ●血小板増多症

■時系列でみる血球に異常をきたす病態の治療

 ●播種性血管内凝固(DIC

 ●薬剤性血球減少

 ●がん化学療法後の血液検査の推移

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事 2024年3月号(Vol.66 No.4)
  • 月刊薬事 2024年2月号(Vol.66 No.3)
  • 月刊薬事 2024年1月号(Vol.66 No.1)
  • 月刊薬事 2023年12月号(Vol.65 No.16)
  • 月刊薬事 2023年10月号(Vol.65 No.13)
  • 月刊薬事 2023年9月号(Vol.65 No.12)
  • 月刊薬事 2023年8月号(Vol.65 No.11)
  • 月刊薬事 2023年7月号(Vol.65 No.9)
  • 月刊薬事 2023年6月号(Vol.65 No.8)
  • 月刊薬事 2023年5月号(Vol.65 No.6)
  • 月刊薬事 2023年4月号(Vol.65 No.5)
  • 月刊薬事 2023年3月号(Vol.65 No.4)

▲ページの先頭へ