GMPと品質システム ~GMPの国際化~

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2020年4月増刊号(Vol.36 No.6)

GMPと品質システム ~GMPの国際化~

商品コード 91239
編著 日本PDA製薬学会/編
判型 A4変型判
発行日 2020年4月
ページ 128頁
定価 ¥4,620(税込)
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

近年、優れた医薬品の国際的な研究開発の促進および患者への迅速な医薬品提供を図るため、ICHにおいて品質・安全性および有効性の3分野でハーモナイゼーションが促進されています。それに伴い、GMPの国際化が進み、製薬企業は医薬品の品質システム構築、継続的な品質改善などが求められています。 
本増刊号では、2019年12月に日本PDA製薬学会が「GMPと品質システム〜GMPの国際化〜」をテーマに開催した第26回年会の講演内容を演者が加筆して、改正GMP省令やICHの新たな概念、データインテグリティの課題など、品質システムや最近の動向を紹介しています。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • 必携 経営層のためのGMP手帖
  • Q&Aで学ぶデータインテグリティ 第2版
  • グローバル化に対応したGMP教育訓練
  • 改正GMP省令・医薬品医療機器等法 ポイントと課題
  • 図解で学ぶGMP 第6版
  • 信頼確保 ~体制整備と文化醸成~
  • ICH・GXP医薬用語手帳2021
  • ICH30年の総括と今後
  • 医薬品製造・品質保証のニューノーマル
  • バイオ医薬品の品質管理戦略 第2版
  • バイオ医薬品ハンドブック 第4版

▲ページの先頭へ